HAWKS快投乱打!

アクセスカウンタ

zoom RSS 杉内のガッツポーズが意味するもの

<<   作成日時 : 2009/08/26 12:30   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 3 / コメント 10

某所で、高木豊の書いたコラムが物議を醸しているという話を知って読んでみた。

気持ちの大きさ

 正直、駄文だ。「気持ちの大きさ」という題名で自分の「心の狭さ」を暴露しなくても良さそうなものだ。高木豊の器量の小ささを目の当たりにしてがっかりした気分だ。プロ野球選手として一時代を築いた名選手がこんな事を書くとは思わなかった。

「プロ野球の全てが僕の頭の中にある・・・」などと言うキャッチフレーズは今すぐ降ろされた方が良いだろう。

 というわけで、普通ならスルーするところだし、DAIさんがこの駄文に見事な反論をされている(敢えてリンクはしません、自分でググって下さい)ので、私ごときの出る幕ではないのだが、ちょっとだけ事情が変わったので(笑)、少しだけ書いておく。

 まず、杉内がなぜガッツポーズをしたのか。プロ野球の全てが頭の中にあれば感じ取れる筈なのだが、全然見えてないようなので、私なりに感じたことを書いておく。

 杉内投手は、プロ野球選手(特に投手)としては非情に不利な、場合によっては致命的になりかねない持病を持っている。それは「血行障害」だ。彼はずっと血行障害と闘いながら登板している。

 この日もカメラでベンチの中が写ると決まって杉内は屈伸運動をしていた。ベンチに座っていることはまずなかった。ベンチに長時間座ると「股関節の辺りが、固まってしまう感じ」がするかららしい。

 しかも、高山コーチから攝津と馬原を休ませるために完投指令が出ていたという。球数が多くなってもリリーフを仰ぐことも許されない。

 3連勝の重責を託され、ベンチの中では座らずに絶えず動きまわり、味方が得点すると一番前に出てきて大きなリアクションで感謝の意思表示をし、攻撃が終わると全力疾走でマウンドに向かう。そんな野球に対する杉内の真摯な姿は高木豊の目には全く映っていなかったに違いない。

 ちなみに、これは高木豊は知る由もないだろうが、試合後出演した「ALL THAT'S HAWKS」で、夏休み中の子供たちへ「自宅の便所を磨こう。人の嫌がることを率先してやることが大事です」と宿題を出し「僕は今日も登板前に家でやってきました」と勝利につなげたエピソードとして披露した杉内が、人の嫌がることをする人間だとは私には思えない。

ソフトB杉内試合後トークショーにも登板


 それでは、杉内のガッツポーズが意味するものは何か?


 簡単なことだ。それだけファイターズ打線が強力であり、杉内が試合中ずっとプレッシャーをかけられ、脅威を感じ,死力を尽くして対峙していたからに他ならない。
 もし、ファイターズ打線が文字通り手負いで、歯ごたえもない打線で、抑えることが容易かったら、杉内もあんなガッツポーズはしなかっただろう。きっと罰が悪そうにマウンドを降りた筈だ。


 最強の相手に渾身の力で勝負して勝てたからこそ出たガッツポーズ。それ以外の何物でもない。


 そんな派手なガッツポーズが思わず出てしまったこと自体が、杉内に最後まで緊張を強いた相手に対する敬意の表れではないだろうか?

 この高木豊のコラムが駄文であることは、奇しくも翌々日にファイターズ自身が証明してみせた。

 25日、未だ主力選手やコーチを欠くファイターズはバファローズ戦の9回、守護神加藤から一気に5点を取って逆転する猛攻を見せた。さらに延長戦となった10回には2点を追加し、惜しくもサヨナラ負けを喫したものの、17安打10得点と打線の好調ぶりを見せ付けた。

 つまり、23日は杉内が最後まで抑え切ったから打線が機能しなかっただけで、ファイターズの打線は他チームに同情を強いるほど弱体化していたわけではないということだ。そんなことくらい、あの試合の緊張感を感じていればわかることだ。

 それとも、加藤や大久保がインフル禍でボロボロのファイターズ打線も抑えられないほどのダメ投手だとでも言うのだろうか?(苦笑)
 それはそれで、バファローズに対して随分と失礼な話だ。

 高木豊、厳しい激戦を死力を尽くして制し、サヨナラ勝ちに湧いたバファローズナインに「敬意と礼儀が足りない」と自制を求めるんだろうね?

 もし、そうでないなら、この駄文は杉内に対する卑劣な個人攻撃でしかない。

画像
配慮と礼儀に欠けたバファローズ



王貞治~背番号89のメッセージ~
小学館
永谷 脩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



世界のBIG1 王貞治メモリアルDVD
VAP,INC(VAP)(D)
2008-11-21

ユーザレビュー:
がっかり相変わらずバ ...
昭和王選手の、何が凄 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



人間・王貞治―89野球魂 (学研新書)
学習研究社
安枝 新〓

ユーザレビュー:
ありがとうございます ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
どうしてもホークス杉内投手をいじめているようにしか感じられない高木豊氏のコラム
 ホークス関係のブログを覗いていたら、ある話題で意見感想を書いていたので、私もこの内容に関して感想を書きたい。 ...続きを見る
鷹(ホークス)派まぼのよろず日記
2009/08/26 14:16
高木豊の駄文について
日曜日の試合でゲームセットの瞬間、杉内がガッツポーズをしたことについて、高木豊がフジテレビの公式サイトを使って、なにやら言いがかりをつけて、個人攻撃をしております。 http://www.fujitv.co.jp/sports/baseball/column.html 昨夜からこの突っ込みどころ満載の駄文に対してネット上で物議を醸しておりましたが、これらの突っ込みどころを上手くまとめた鷹ブロガーが ...続きを見る
声鷹らかに我叫ぶ
2009/08/26 16:57
高木豊氏の戯言
 高木豊氏はフジサンケイ系公式サイトのコラムで野球選手のガッツポーズについて何か言っている。 ...続きを見る
老ホーク雑感
2009/08/27 15:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
読んだ感想は「下らん」としか言いようがないです。
なんか昔の高校野球の解説者が言いそうだ。
高木氏もその程度ということでしょうか。
だいず
2009/08/26 22:40
要は、やられた方がどう感じるか・・・じゃないでしょうか。
バッファローズのサヨナラ喜ぶシーンは、普通に
見てました。でも、杉内さんのあのガッツポーズ
見たときは、すごく心臓がギュっとなりましたよ。
ま、くやしさは今週はらします。
はむ
2009/08/27 01:13
おはようございます。
言いたい事はいろいろ有りますが、さとしさんが全部書いてらっしゃるとおりだと思います。

あのガッツポーズは相手を侮辱した、と言うよりも、ファイターズナインにとっても、球界を代表するエースにあのポーズをとらせた、と言う事でむしろ、誇りに思えたような気がするんですけどね。

あれをダメだと言うのは、以前高校野球でホームランを打ってはしゃいだのをマナー違反としてアウトにした、馬鹿な判定を思い出しましたよ。
クルトンパパ
2009/08/27 07:43
だいずさん>
そんな「下らん」コラムをプロ野球選手として一時代を築いた人が書くんですからね。解説者としての資質を疑いますよね。
さとし@快投乱打
2009/08/27 12:52
はむさん>
なるほどね。正に貴方自身ですね。
わざわざ北海道のファイターズファンがホークスファンのブログにそういうコメントを書く。それを読んだホークスファンがどう感じるかなんて考えていない無神経で配慮と礼儀に欠けた行為。
しかも、わざわざ杉内はダメでバファローズはOKとまで書きますか?
あきれてまともにコメント返す気もしません。
さとし@快投乱打
2009/08/27 12:58
クルトンパパさん>
高校野球の精神には柔道や剣道に通じるものがあって、共感する部分も多々ありますけどね。
これはプロ野球ですし、全力で戦って得た勝利にガッツポーズをすることに何のやましさもありませんよね。
さとし@快投乱打
2009/08/27 13:04
おはようございます。
σ(^^;としては、まず高木氏のコラムタイトルに失笑しました。が、このタイトルで2001年からすでにコラムが書かれていたようですね。しかも当時は、やる気があるんだかないんだかわからない頻度での更新だったようで、もう笑うしかないです。
にしても「プロ野球の全てが頭の中にある(自称ですがw)」ような方が、もし評論家として「やられたほうがどう感じるか」だけでコラムを書いていたとしたら一素人ファンと一緒ですね。
毎年戦力外通告がなされる、厳しいプロの世界。体調管理できないことも言い訳にならない世界だと思うのですけどね。まぁ、当時高木氏がいた大洋はそんなチームだったから優勝できなかったのでしょう、としか思えないです。
たれぱんだ号の主
URL
2009/08/28 08:00
たれぱんだ号の主さん>
「病み上がりで復調していないのに」みたいな論点で書いていること自体笑止千万ですけどね。
試合に出た以上は体調不良なんて関係ない、それがプロスポーツの常識だと思っていたのですが、高木豊はそう考えてないようです。名指しで書かれたファイターズの選手こそいい迷惑だと思うのですが。

いったい頭の中にどんなプロ野球がつまっているのか見せてもらいたいものです(爆)
さとし@快投乱打
2009/08/28 08:59
「うそこ」さんに「脳内メーカー」ならぬ「脳内プロ野球メーカー」でも作ってもらえないですかねw。速攻で高木豊って入れて脳内見てやりますがw。
たれぱんだ号の主
URL
2009/08/28 11:55
バファローズがどうとか、ホークスがどうとか
じゃないですよ。あのシーンを見たとき本当に
悔しかっただけです。杉内さんのガッツポーズは
たまに見ますけど、あのときはずいぶん派手だったから。
でも、それがダメとか言ってないですよ。
誰もが見るブログで、バッファローズサヨナラの写真
をデカデカと乗せて嫌味コメントをつける行為は無神経
と気づかないんですね。
はむ
2009/08/29 21:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
参照先に引用がない記事からのTBは一旦保留されます。
※TB/コメントポリシーについて

検索する!






HAWK試合経過


powered by プロ野球Freak

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

杉内のガッツポーズが意味するもの HAWKS快投乱打!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる