HAWKS快投乱打!

アクセスカウンタ

zoom RSS 9/18L スラッガー佐々木誠!

<<   作成日時 : 2009/09/18 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 いやいや、どうしてどうして面白かったですよ>KBCラジオの実況

 この日はNHKラジオが全国放送だったので、そちらを聴こうかなと思っていたんですが、KBCラジオ解説の佐々木誠さんの話が面白かったので、結局ずっとKBCを聞いてました。


2009/09/18(金)vs 埼玉西武ライオンズ西武ドーム(18:00)
TEAM123456789101112RHE
福岡ソフトバンクホークス000000000040
埼玉西武ライオンズ00050010X6110

責任投手
勝利投手 帆足 (8勝 5敗 0S)
敗戦投手 ジャマーノ (5勝 4敗 0S)
バッテリー
H ジャマーノ、藤岡、和田、神内、水田−田上
L 帆足−上本

 佐々木さん、喋り始めにやたら「そーですねぇ」が多いので、それが耳につくとちょっと聞く気をなくす時もあるんだけど、この日は内容が良かったですね。


 特に川アの打席での解説が「なるほど〜」と思えるものでした。


 川アがやたらと三塁方向にポップフライを打ち上げることに対して、「常にショートの頭上を狙って打って、その結果が三塁側のポップフライになっている」と指摘。

 田上アナから「では、どーすれば良いのですか?」と聞かれて「僕だったらライト線に強いライナーでファールを打とうとします」と。


 へぇ〜〜〜〜!?


 つまりは、ショートの頭の上を越そうとして、三塁線に打ち上げてしまうというのは、狙ったところよりも左に打球が飛んでいるので、体のバランスが崩れている証拠なんだそうだ。

 だから、一塁線にライナーを飛ばす意識で、要は思いっきり引っ張ることで、体のバランスを修正するということです。

 田上アナから「普通はあまりそういう意識はしないんですよね?」と聞かれて「僕は他人とは違うことばかりやってましたから」と佐々木さん。


 流石は「ミスターホークス」。やっぱり一流選手は違うんですね!!


 あと、和田が中継ぎで登板した際に「この点差で登板する意味があるんですか?」と疑問を呈し、ベンチレポートで田之上コーチが「名前で上にいても困る。上にいる以上は結果を出さないと」と厳しいコメントをしていたことについて「そうは言っても名前で投げている投手はいますからね〜」なんてことを(笑)

 シーズン当初は結構辛らつな解説もあったんですが、一年経験して随分丸くなって興味深い解説をしてくれるようになりましたね!

 というわけで(どういうわけだ?)試合の方は・・・消化試合だったんだっけ?(爆)








スルメ男
PRHYTHM
2005-09-28
スキップカウズ

ユーザレビュー:
★スルメ男がベラボー ...
とても良い曲。3曲と ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
参照先に引用がない記事からのTBは一旦保留されます。
※TB/コメントポリシーについて

検索する!






HAWK試合経過


powered by プロ野球Freak

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

9/18L スラッガー佐々木誠! HAWKS快投乱打!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる