週末はローディー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めてのヒルクライム、奥多摩周遊142.69キロ

<<   作成日時 : 2018/05/13 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行って来ました、初めてのヒルクライムで奥多摩周遊。

 愛用しているサイクルコンピュータのSNSで、GWに奥多摩へ行った友達が複数名。写真の景色と「東京で一番高い道路」の道標が見たくなった。

 とは言っても、基本坂道は苦手。今まで坂道はせいぜい標高差100mくらいまでで、出来るだけ避けていた。

 しかし、奥多摩へ行くとなると坂道は回避出来ない。奥多摩駅まで行ってもその後は標高差200mの坂道を登らないと奥多摩湖へは行けない。でも行きたい!

 というわけで奥多摩周遊ライドを決行。

輪行か、それとも自走か?


 まずは、ルート選定。アパートから自走するか、輪行するか。
 自走するといつもの羽村取水堰まで2時間程度。そこから青梅街道を上るので、既に結構エネルギーを消費しているかも?

 輪行だと、奥多摩駅か武蔵五日市駅か?

 一周してみたいので、武蔵五日市駅まで行こうかと思ったが、SNSで「県道31号はお勧めしない」と言われ、しばし地図とにらめっこした結果、秋川駅を起点に周回することに決定!


 その次は、檜原街道から時計周りか滝山街道から逆回りか。檜原村からだと、奥多摩周遊道路の旧ゲート前から天空に伸びる坂を見ると心が折れるという話を読んで、滝山街道から時計と逆回りに走ることに決定。ちょうど標高500m付近が奥多摩湖なので休めるしね。

 迷ったけれど体力温存で輪行に決定。

秋川駅から奥多摩へ


そして、当日。5/12の早朝、南武線で立川駅まで行き、そこから武蔵五日市行きに乗り換え、秋川へ到着。駅の南側のロータリーで自転車を組み立てて、8時にスタート。
DSC_1079
秋川駅南口に到着


 小河内ダムまでは約35km、10時に着けば御の字だと思い出発。
 滝山街道の北上を始めて3kmほど、最初の坂で既に「きっつい!」と心が折れそうになる<早過ぎる(笑)
 この坂は後で確認したら羽村堰から対岸に見える道路。最初のトンネルが自動車と歩行者/自転車は別になっていて、そのトンネルがひんやりしていて実に気持ちいい。ちょっとテンション上がる。その後は緩やかな登りで、思いのほか快調。軍畑で青梅街道に出るつもりが行き過ぎて御嶽で青梅街道へ。ここで標高250mほど。順調、順調♪
DSC_1081
御嶽渓谷

 御嶽駅で一旦左岸に出るが、奥多摩駅手前で再び右岸のの南岸道路へ、ここから坂らしい坂になって、結構きつくなってくる。途中で休憩しているローディも。中山トンネルの手前まで来て「あとどのくらいで小河内ダムなんだろう?」とちょっとだけ休憩しながらスマホで位置を確認したら、トンネルを抜けたらダムだった。なーんだ(笑)
DSC_1089
小河内ダムに到着


 今回は、無理せずにきつくなったらいつでも休むと決めていたのだけれど、これなら奥多摩駅〜小河内ダムはノンストップでも大丈夫だな<その程度の貧脚です(笑)
DSC_1091
ゆりーとくんがお出迎え

 目標どおり10時ちょっと前に小河内ダムに到着。ゆっくり見学と休憩。水と緑のふれあい館で昼飯を食べるにはちょっと早すぎる時間。昼食は都民の森かな?

いよいよ風張峠へ


 ダム見学を終了していよいよ風張峠へ。今度はハンドルにスマホをセットしてルートラボビューアで風張峠までの距離を確認しながら走行。ゴールまでの距離表示はモチベーションで重要。

 距離20kmで5km先から標高500mUP、平均斜度は5%。奥多摩駅〜小河内ダムまでが距離7kmで平均斜度2%ちょっとだったので、考えただけできつそうだ(笑)

 まぁ、いいや。いつでも引き返せばいい。
DSC_1104
峰谷橋
DSC_1109
麦山橋

 奥多摩周遊道路の入口までは個性的な橋を抜け、景色を楽しんでいよいよ料金所のあったゲート跡から上り坂へ。
DSC_1112
三頭橋

今度こそきっつ!(笑)
DSC_1114
旧料金所ゲート跡


 速度は5km台まで落ちる^^;スマホの残り距離から換算するとゴールまで1時間以上かかるじゃん。モチベーションは脆くも崩壊^^;

 後でStravaの記録を見ると、風張峠手前7km地点からの平均斜度6%を18分で駆け上がるアスリートがいるらしい。奥多摩駅から都民の森までなら59分だと!

マジですか?^^;

 無理してケガしてもしょうがないと、途中2度ほど休憩しながら1時間弱で月見夜第一駐車場到着。遥か眼下、500m下に奥多摩湖が見える。絶景だ。
DSC_1119
眼下に奥多摩湖が!


 へー!こんなに高い所まで来たんだ!!
 ちょっと感激。

 ここから風張峠までは3km強。月見夜第二駐車場はパスして最後の急坂をクリアし、ついに風張峠に到着。流石に嬉しい♪

 なんだか道標での記念撮影が順番待ちになっていたが、無事撮影(笑)
DSC_1124
お約束の記念撮影♪

 駐車場には何人かのローディが休んでいたが、ファットバイクで来ている人まで。すごい!!
DSC_1127
ファットバイクが(笑)


 風張峠、月見夜第一駐車場のような絶景は拝めないが、達成感半端ない。
 なにこれ、ヒルクライムちょっと楽しい♪

都民の森へ&ご褒美ダウンヒル


 風張峠で十分達成感に浸った後、檜原村方面へ。ここからは延々30kmのダウンヒル。
 その坂を下る前に3km下った右側に現れる「檜原都民の森」で休憩。駐輪場近辺には大勢のローディが休んでいる。
DSC_1131
都民の森


 時間はあるので、三頭大滝を見にハイキング。チップが敷かれた遊歩道を案内標識に従って歩いていく。シューズがビブラムソールのSPDで、歩く分にはアウトドアシューズなので、ハイキングでも問題なし。
DSC_1143
チップを敷き詰めた遊歩道

DSC_1135
三頭大滝

雄大な滝と森林浴を満喫。
DSC_1144
斜面には綺麗な階段


 駐輪場に戻って、名物のみとうだんごを食べて、マタタビ買って(笑)、都民の森を出発。
DSC_1147
お団子美味しい!

 急な下り坂の連続だが、落車しても2時間は救急車が来ないとか?^^;

 ブレーキシューを交換しているとは言え、愛車Roubaixのブレーキが効かないことは重々承知なので、30km程度で慎重に下る。

 まだまだ坂を上ってくるローディが大勢いたが、なんだかこっちの坂道の方が傾斜がきつい気が。ご苦労様です。

 その後、いったん道の駅八王子滝山へ寄って休憩した後、多摩大橋から多摩川CRへ復帰。途中京王閣付近でライトをセットするついでに停まった以外はノンストップで順調に走り、19時ごろ帰宅。なんだかいつもと同じかそれ以上のペースだった。
DSC_1155
道の駅八王子滝山


 思ったほど疲れてないやと思いつつ、夕飯に弁当を買いに近くのスーパーへ行こうとしたら、太腿の筋肉が強張って歩くのが辛かった^^;
 いつもと違う筋肉使ったのかな?でも翌日には軽く筋肉痛を感じる程度に回復。

 走行距離140kmってつい先週150km走った気が。しかも1000mの峠越え。我ながら体力付いてきた。
 ただ、後で考えると、のんびり走行と決め込んでいたとは言え、息が上がるほどは頑張ってはなかったなと。ということはもうちょっと頑張って走ったほうが良いってことか。

 全行程自走は時間的に辛いので、多摩サイ経由で小河内ダム往復(約160km)でヒルクライムに慣れてから再度風張峠というのもありかな?

 とりあえず、マイペースで風張峠まで行けることはわかった。
 そのうち月見夜第一パーキングまでは休みなしで行けるようにはなりたいな♪





筧五郎のヒルクライム強化書 (エイムック 3973)
エイ出版社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 筧五郎のヒルクライム強化書 (エイムック 3973) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ヒルクライムトレーニングの極意 50歳からでも速くなる!
SBクリエイティブ
村山 利男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒルクライムトレーニングの極意 50歳からでも速くなる! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 自転車ブログへ 自転車ブログ 自転車走行日記へ 自転車ブログ 関東サイクリングへ 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初めてのヒルクライム、奥多摩周遊142.69キロ 週末はローディー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる